栄養指導について

栄養指導とは

管理栄養士による栄養指導

 

通院中の方々の日ごろの食事に関する不安や負担が軽減されるよう、管理栄養士が一緒に考え、アドバイスします。
生活習慣病などの進行を防いだり、病気の治療・回復を助けたりするために、病態に合わせた食事相談や食事療法の提案を行います。

栄養指導の対象となる疾患

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 高度肥満症
  • 痛風
  • 腎疾患
  • 肝疾患
  • 膵炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 貧血 など

食事指導の内容

生活習慣や健康状態、体組成、血液データの変化などを伺いながら、何をどのくらい食べたらよいか、どんなタイミングで食べたらよいかなどを、一方的に指導するのではなく、一緒に考えていくスタイルです。
お一人おひとりのライフスタイルに合わせて、ご自宅で無理なく実践・継続できそうな課題を一緒に見つけていきます。小さな実践の積み重ねが、長期的なコントロールにつながっていくと考えるからです。
また、日ごろの食生活で疑問に思っていることや、栄養補助食品、サプリメント等についてもご相談に乗っています。 無理な提案やカロリー計算の強要などは一切いたしません。

栄養指導の実施日とご予約方法

  • 毎週木曜日 9時~11時

栄養指導は医師の指示が必要です。 医師の診察を受けられてからのご予約となりますので、まずは医師にご相談ください。

10年後も健康であり続けるために、いま何を改善しておくべきか

栄養療法は、薬とは違い、身体の中から、細胞レベルで治癒力を高めていくことを狙いとしています。従って、3~6カ月を1クールとして、体組成や血液データを改善する目的で、食事を整えていきます。
面談して指導するのは月1回~2カ月に1回のペースです。指導時間は初回は60分、2回目以降は30分です。
当クリニックでは、短期集中ではなく、旅行やイベントがあっても無理なく続けられる、数値があがってしまったらリセットできる知識を身につけていただくことを目的とした指導を心掛けています。「10年後も健康であり続けるために、いま何を改善しておくべきか」を一緒に考えていきたいと思います。

ページトップに戻る

前のページに戻る