もの忘れ検診

もの忘れ検診とは

認知症は早期に発見して治療を始めれば、症状が改善したり進行を遅らせたりすることができます。この検診は、問診による認知機能検査をすることで認知症の適切な治療につなげる、予防のきっかけとすることを目的としています。当院では名古屋市の協力医療機関として「もの忘れ検診」の受診が可能です。

人は年を取ると誰でも「もの忘れ」をするようになってきます。しかし、これが加齢によるものなのか認知症なのかは両者の初期症状が非常に似ているためそれだけでは判断は難しいです。「最近人の名前が思い出せないことが多くなってきた」「ご家族の方から何度も同じことを聞かれる」など、もの忘れの症状で不安な場合は一度受診をして、ご自身の状態を確認してみましょう。

もの忘れ検診を受けましょう

もの忘れ検診の概要

対象者

65歳以上(今年度中に65歳になられる方を含む)の名古屋市民の方(名古屋市に住民票のある方)で、認知症と診断を受けていない方が対象です。

自己負担

検診は無料で受けられます。

受診回数

年度に1回です。

検診内容

問診による認知機能検査
※この検診は認知機能の低下について、簡易的に検査するものであり、認知症の診断を行うものではありません。

受診方法

検診を受診するには、事前にご予約が必要となります。

  • 検診予約枠:毎週木曜日の14時~15時30分です。
  • 当日必要なもの:免許証、保険証などの住所、生年月日が分かるものをご持参ください。
  • 予約電話番号:052-691-5223

結果通知

当院より結果や説明をいたします。
検診の結果、認知機能の低下がみとめられる場合などは、近隣の病院での精密検査受診をご案内します。
※精密検査は医療費の自己負担があります。

ページトップに戻る